トップへ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■■■■■■     日本版401kニュース[第15号]     ■■■■■■■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
── 2006/03/16(木) ────────────────────────────

【目次】
  中小企業会計導入とその影響『始まった「平成維新」中小企業版〔第3弾〕』
  シリーズ第11回
  『グローバルハート登録アドバイザーのFPと社労士が語り合う
     「高齢者の雇用延長義務に伴う知っておきたい周辺情報〔Part.4〕」』
  シリーズ第2回「ハッピーリタイアメント」〜海外短期ステイレポート
  ご紹介します!「投資教育の実践活動」
   ・NPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)
   (日本証券業協会、東京証券取引所等の証券関係団体の支援、協力で設立
    された非営利法人)
  連載コラム
  編集後記

■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□
============================================================================
■ 中小企業会計導入とその影響『始まった「平成維新」中小企業版〔第3弾〕』 ■
============================================================================
 前回号までは「中小企業会計導入と退職給付制度」についての全体像・概論を解説
して参りました。今回号からは中小企業の経営に何故退職給付制度が影響してくるの
か、詳細をご説明いたします。まだほとんど進んでいないといわれている「中小企業
の税制適格年金の対処法」に少しでもご参考になれば幸いです。
 解説はグローバルハートが2005年9月に開催いたしましたセミナー「中小企業会計と
退職給付引当金セミナー」の資料を使用し解説させていただきます。

※ 詳細は こちら をご参照ください。

============================================================================
■ シリーズ第11回『グローバルハート登録アドバイザーのFPと社労士が語り合う
     「高齢者の雇用延長義務に伴う知っておきたい周辺情報〔Part.4〕」』 ■
============================================================================
 社労士の西田です。「高齢者の雇用延長義務に伴う知っておきたい周辺情報」の
シリーズも4回目となりました。
 この話題のきっかけとなった改正高年齢者等雇用安定法もこの4月1日より施行とな
りますので、今回でこのテーマも一応の区切りとするつもりです。
 今後企業は高齢者に対してどのように対応していけばよいのかといったことも含め
て、大内さんと語り合っていきたいと思います。

※ 詳細は こちら をご参照ください。

----------------------------------------------------------------------------
次回号は「定年後の金融資産運用〔Part.3〕」についてご紹介する予定です。
このシリーズは来月号で終了となります。
第17号からの新シリーズをただ今検討しております。

●この連載シリーズに関してのご質問・お問い合わせは下記までお願い致します。
 株式会社 グローバルハート
 TEL:03-3524-1468  FAX:03-3524-1564 E-Mail: gheart@fine.ocn.ne.jp

●グローバルハート登録アドバイザーについて
 グローバルハートには、FP(ファイナンシャルプランナー)、社会保険労務士、税理
 士等の資格を備えたアドバイザーが全国で約300名登録しており、企業年金制度改革や
 教育(年金教育・投資教育)活動を行っております。

============================================================================
■  シリーズ第 2回「ハッピーリタイアメント」〜海外短期ステイレポート  ■
============================================================================
 前回号から新たにスタートいたしました「ハッピーリタイアメント〜海外短期ステ
イレポート」シリーズ第2弾をお届けします。
 情報は引き続き「ハッピーリタイアメント」を提唱し活動しているフルハウス進星
株式会社の高木さんよりご提供いただきます。退職後の方々が年金をどのように有効
活用し「ハッピーリタイアメント」を実現しているのか、体験談を中心に皆様のご参
考となる情報をお伝えして参ります。

※ 詳細は こちら をご参照ください。

----------------------------------------------------------------------------
このシリーズは今後も継続する予定です。

●この連載シリーズに関してのご質問・お問い合わせは下記までお願い致します。

  フルハウス進星株式会社 海外短期ステイ生活サポート事業
  【東京デスク】東京都港区新橋6-22-1-4Fビッグウェイブ内
    TEL:03-5405-2554   FAX:03-5405-2552
    東京デスク担当:高木英利  e-mail: h.takaki@fhs-jp.com
    ホームページアドレス: http://www.fhs-jp.com

============================================================================
■ ご紹介します!「投資教育の実践活動」
  NPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)■
============================================================================

 日本版401kは年金資産の形成が目的です。自分のライフプランに沿った資産運用を
行うためには基本をしっかりと学ぶことが大切です。
 グローバルハートでは投資教育推進の観点から「エイプロシス」の活動を応援して
います。今後も「エイプロシス」のセミナー・勉強会を当メールマガジン上でお伝え
していく予定です。

・エイプロシスは日本証券業協会、東京証券取引所等の証券関係団体の支援、協力の
 もとに設立され、内閣府の認証を受けたNPO(非営利活動法人)です。ボランティア
 の講師派遣を中心に中立的な立場で証券と証券投資に関する知識の普及・啓蒙活動
 を行っています。

・エイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)には経験豊富で優秀な講師が多数
 所属しており無料で講師を派遣しています。

・エイプロシスの活動内容・詳細については下記アドレスをご参照ください。

   〔お問い合わせ・セミナー講師派遣依頼先〕
    NPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)東京事務局
    TEL 03-3667-8183

   http://www.aprosis.com/

============================================================================
■ 連載コラム(第15回) ■ グローバルハート代表取締役 増田 博美
============================================================================
<軽薄短小から重厚長大へ>
 昔とはいっても20数年前、日本がバブル経済に入る頃、日本の産業構造の変化を示
す言葉として「重厚長大から軽薄短小へ」というフレーズをよく耳にしました。正に
日本のエレクトロニクス業界花盛りの時です。時代はその様に進み日本人は栄華を謳
歌したことは皆さんの記憶にも新しいと思います。しかし残念ながら今、私が感じる
ことは人間の中身もそのフレーズのようになってしまったのではないかということで
す。そしてその責任は現在を生きる私たちにあるのではないかとも感じています。
 株式市場が活況になると、我先にとネット売買で回転商いを繰り返し、下落基調に
なると茫然自失となってしまうような市場参加者を作り出しているのは誰の責任か、
と問う前に「健全な市場を育成する」ということをマスコミを中心に真剣に国全体で
考え直す時期に来ていると思われます。
 「人」として「軽薄」ではなく「重厚」でありたいと思い努力することが「いい生
き方に近づいていく道筋」になるのではないかと私は考えています。
 「昔はよかった」と懐かしむのではなく「人間」としての基本に「軽薄」ではなく
「重厚な人間」を育て新しい時代を切り開く人材を輩出していくことが今の私たちの
責任ではないかとも感じています。日本版401kの「投資教育」もかくありたいもので
す。

============================================================================
■編集後記
 いよいよ危惧されていたデジタルデバイド化が表に出てきたなあ、と強く感じた民
主党、某議員の事件でした。デジタルデバイドとは、ITに対する知識格差が各人に利
益や不利益を及ぼすという現象のことです。無知識の人は多大な損害を蒙ることが有
り得るということを、彼は驚くほど顕著に証明した訳です。これは笑い事で済まされ
る問題ではありません。単に早トチリに因るミスだと済ますのは簡単ですが、もっと
深刻な要素を内包しています。正しい知識や見る目を養い、利益を享受できる側に居
たいものです。日本版401k導入企業でも同様のテーマが問題になる時が来るのでは。
(S.S)
----------------------------------------------------------------------------

トップへ