トップへ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■■■■   日本版401kニュース[第27号] 2007/11/15(木)   ■■■■■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
============================================================================
◆日本版401kニュース・NEWS

●【採用している企業年金 401k、最多の25%】
  採用している企業年金制度(複数回答)は確定拠出年金(日本版401k)が25.8%
  で最も多かった。401kは56.5%の企業が新たに採用したい企業年金に挙げている。
  昨年は採用率が32.3%と最も高かった税制適格年金は、25.6%に減少し二番目にな
  った。適格年金は2012年3月末で廃止になることが決まっており、401kなど他の
  企業年金へ移行しているとみられる。
  (日本経済新聞社と格付投資情報センター(R&I)「日経企業年金実態調査」まとめ)
  (2007年10月13日 日本経済新聞)

●【日本版401k導入企業 社員の1/3「理解せず」】
  確定拠出年金(日本版401k)を導入している企業の社員の三人に一人が制度を理解
  していない―。確定拠出年金教育協会が実施したアンケート調査でこのような結果
  が明らかに。

 自社社員が「確定拠出年金の制度自体をあまり理解していない」 32.7%
  「制度を全く理解していない」3%程度

 確定拠出年金制度に加入している社員に対し、投資教育の機会を提供する「継続教
  育」について必要だと考える担当者は約90%。ただ実際に継続教育を実施した企業
  は約45%にとどまっている。
  (2007年10月2日 日本経済新聞)

============================================================================

【目次】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆『知って得する』シリーズ【第11回】
 「日本版401kの運用のための知識―[日米の金融政策]」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆『にっぽん・年金解体新書』【第1回遺族年金No.2】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆新企画&セミナーのご案内コーナー
【新企画】
 ●―画期的新システム!IRシートのご案内―
【新作書籍のご案内】
 ●『新しい企業年金読本−「投資教育」原論と日本版401k』のご案内 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆編集後記
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

============================================================================
◆『知って得する』シリーズ【第11回】
 「日本版401kの運用のための知識―[日米の金融政策]」
============================================================================
『知って得するシリーズ』では、日本版401kや企業年金等に関する知っておいた方
が良い情報をお届けしております。
シリーズ第11回からは『日本版401kの運用のための知識』をお送りしていきます。
日本版401kだけに関わらず金融商品の運用には、市場の動向が深く関わります。
現在や過去の市場の動向を知ることは、自身で判断して運用するために不可欠です。
第11号からの『知って得するシリーズ』では、弊社提携先「ヤマグチ・グローバルマ
ーケット アナリシス」発行のマーケットレポートをお伝えし、日本版401kの運用の
ための知識を提供させて頂きます。今回は『日米の金融政策』についてお送りします。

※ご注意※
このレポートは、あくまでも知識習得の参考にして頂くという目的で情報提供させて
頂いており、投資の最終的な判断、決定につきましてはご利用者ご自身のご判断と責
任の上お進めください。弊社では一切の責任を負いかねますのでご了承の上、お読み
頂けます様お願い致します。

レポート内に記載されている内容の著作権は、有限会社ヤマグチ・グローバルマーケ
ットアナリシスに帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じ
ております。

※ 詳細は こちら をご参照ください。

============================================================================
◆『にっぽん・年金解体新書』【第1回遺族年金No.2】
============================================================================
今回号では、前回号に引き続き遺族年金についてお送りします。
具体的な事例をもとに「遺族年金はいくらもらえるのか」をお伝えして参ります。

※ 詳細は こちら をご参照ください。

============================================================================
◆新企画&セミナーのご案内コーナー
============================================================================
【新企画】
●―画期的新システム!IRシートのご案内―
企業情報の発信基地「IRシート」登場!

新卒&転職志望者、一般消費者、投資家、あらゆる層の企業選びのナビゲーターとなる
画期的なシステムが「IRシート」です!
「お目当ての会社の退職金制度はどうなっているのか?」
「環境関連等の社会貢献事業を行っているかどうか?」等、
企業情報へのニーズは、様々です。
「IRシート」は、ニーズにあった最新の情報を投資家、企業の両者にプラスになる形で
ご提供できるシステムです。

〔IRシートの特徴〕
 ・知りたい情報と伝えたい情報の究極のマッチング
 ・統一性のある見やすいシート構成
 ・情報ニーズの変化へのすばやい対応、充実した最新情報の発信&受信が可能
 ・提携企業による強力なバックアップ体制

〔IRシート問合先〕
株式会社グローバルハート TEL 03-3524-1468 info@globalheart.co.jp

-------------------------------------------------------------------------------
【新作書籍のご案内】
●GH出版部より新作書籍のお知らせ
 新しい企業年金読本−「投資教育」原論と日本版401k』のご案内

 この度、GH出版部では『新しい企業年金読本−「投資教育」原論と日本版401k−』
を発売いたしました。
 企業年金制度である「日本版401k」や「CB(キャッシュバランス)プラン総合型」と
「投資教育」について丁寧に解説しております。
 企業の退職給付制度改革担当者、又、金融機関の営業職、社労士コンサルタント用に
制作致しましたので一般書店での販売は行いません。
 ご興味のある方はメールにて弊社までお申込ください。

『新しい企業年金読本−「投資教育」原論と日本版401k−』
出   版:株式会社グローバルハートGH出版部
定   価:2,300円(税込)※別途送料がかかります。
お申込方法:住所・氏名・お電話番号・メールアドレス、ご希望冊数を明記の上、
      下記のお申込先までメールまたはTEL、FAXにてご連絡下さい。
      折り返し書籍代金の振込先をご連絡させて頂きます。
お申込先 :株式会社グローバルハート GH出版部 
      toushi@globalheart.co.jp TEL:03-3524-1468  FAX:03-3524-1564

============================================================================
◆編集後記
============================================================================
混沌としてきた社会、将来に対しての不安は、年金、医療、教育問題を中心にマスコ
ミを通して一日として報道されない日はありません。痛みを現実に感じている人には
切実な死活問題です。
一方では、法人申告所得はバブル期を超え、過去最高となっている現実もあります。
「いったい日本の富はどこにあるのか?」と疑問に感じているのは私だけではない
でしょう。一部にはその富を謳歌している人々も、この同じ社会に混在している訳
です。
そしてまた、戦後社会の混沌から立ち直り、GDP世界2位の国づくりを成し遂げた時
代をもう一度繰り返すチャンスとしても捉えることができます。過去に学び未来を
拓く知恵があれば、希望のもてる社会がつくれるはずです。その為にはまずは、「知
る」ということからはじめなければなりません。
現実を知り、どう未来に備えるのかを考えることが「はじめの一歩」です。この
メールマガジンは「はじめの一歩」としてお役に立つことを目標としています。
============================================================================

トップへ