トップへ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■■■■   日本版401kニュース[第29号] 2008/ 4/17(木)   ■■■■■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
============================================================================
◆日本版401kニュース・NEWS

●【企業年金、運用見直し(今年度の企業年金運用利回り1月末現在マイナス6.39%)】
 (2008年3月26日 日本経済新聞)
 <解説−グローバルハート>
確定給付型の企業年金は企業ごとに予想利回りを基準に運用していきます。団塊世代
の大量退職や、金融市場の混乱に伴う株安の影響を受けて、現状では想定した利回り
を確保することが難しくなり、運用の見直しを迫られています。
日本版401kは、個人で運用責任を負いますが、基本的な考え方は確定給付型の企業
年金と同じです。「自分の老後の年金資産はいくら必要なのか」、「必要な額を得る為
には利回り何%で運用しなければならないのか」等を、日本版401kは自分で考えて
運用していかなければなりません。

============================================================================

【目次】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆【お知らせ】〜日本版401k投資教育理解度チェック実施報告〜
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆『知って得する』シリーズ【第13回】
 「日本版401kの運用のための知識―[世界の景気動向と市況を読む]」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆新企画&セミナーのご案内コーナー
【セミナー案内】
 ●「日本版401k特別セミナー」開催告知!
【新企画】
 ●―画期的新システム!IRシートのご案内―
【新作書籍のご案内】
 ●『新しい企業年金読本−「投資教育」原論と日本版401k』のご案内
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆編集後記
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

============================================================================
◆【お知らせ】〜日本版401k投資教育理解度チェック実施報告〜
============================================================================
 弊社では、投資教育コンサル先企業の加入者向けに毎月「日本版401kニュースレ
ター」を発行し、制度の仕組みや運用についての解説を行っています。そして理解度
を計り、より理解を深めてもらうことを目的として毎年2回の理解度チェックを実施
しております。

 昨年11月、弊社コンサル先のA企業の加入者約80名の方を対象に「日本版401k理
解度チェック」を実施させていただきました。
その結果をここでご紹介させていただきます。
2007年11月度実施においては、以下の結果となりました。
 -----------------------------------------------------------------------
 [理解度チェック集計結果]
 1.わが国の年金・社会保障制度の理解度問題・・・10点満点中 平均7.2点
 2.確定拠出年金(日本版401k)制度の理解度問題・・・15点満点中 平均10.4点
 3.導入企業A社の日本版401kの理解度問題・・・5点満点中 平均3.1点

 (30点満点中)最高得点・・・29点、最低得点・・・10点、総合平均・・・平均20.7点
 -----------------------------------------------------------------------
 日本版401kの運用は「自己責任が原則」ですが、投資教育の実施は企業の義務と
法律でも定められています。
 A社のように加入者向け継続教育を実施し定期的な理解度チェックを行うことは、
加入者の「制度」や「資産運用」に対する理解をより高め、学習意欲を向上させる
ことに繋がります。また導入企業にとっても今後の対応を考える上で重要な参考と
なるでしょう。

 弊社では「理解度チェック無料サンプル」をご用意しております。
 ご興味のある方は、会社名、ご担当者名、e-mailをご記載の上、下記までご連絡
下さい。
〔問合先〕
株式会社グローバルハート TEL 03-3524-1468 toushi@globalheart.co.jp

============================================================================
◆『知って得する』シリーズ【第13回】
 「日本版401kの運用のための知識―[世界の景気動向と市況を読む]」
============================================================================
『知って得するシリーズ』では、日本版401kや企業年金等に関する知っておいた方
が良い情報をお届けしています。
シリーズ第11回からは『日本版401kの運用のための知識』をお送りしています。
日本版401kだけに関わらず金融商品の運用には、市場の動向が深く関わります。
現在や過去の市場の動向を知ることは、自身で判断して運用するために不可欠です。
第11回からの『知って得するシリーズ』では、弊社提携先「ヤマグチ・グローバルマ
ーケット アナリシス」発行のマーケットレポートをお伝えし、日本版401kの運用の
ための知識を提供させて頂きます。今回は『世界の景気動向と市況を読む』について
お送りします。

※ご注意※
このレポートは、あくまでも知識習得の参考にして頂くという目的で情報提供させて
頂いており、投資の最終的な判断、決定につきましてはご利用者ご自身のご判断と責
任の上お進めください。弊社では一切の責任を負いかねますのでご了承の上、お読み
頂けます様お願い致します。

レポート内に記載されている内容の著作権は、有限会社ヤマグチ・グローバルマーケ
ットアナリシスに帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じ
ております。

※ 詳細は こちら をご参照ください。

============================================================================
◆新企画&セミナーのご案内コーナー
============================================================================
【セミナー案内】
●「日本版401k特別セミナー」開催告知!
『日本版401k特別セミナー 世界経済変化の時の日本版401k』を開催いたします。

サブプライム問題や円高及び国内の政治要因で日経平均株価はピークより36%下げ、
時価総額にして約150兆円の資産が減少しました。
世界的な商品市況の高騰で輸入原材料が値上がりしインフレの傾向もはっきりして
きた日本の経済は、今後不安定さが増すばかりです。
この様な時にこそ、日本版401kの運営主体である企業は加入者への適切な情報を提
供しなければなりません。

そこで、この度グローバルハートでは『日本版401k特別セミナー 世界経済変化の
時の日本版401k』というテーマで企業向けに投資教育の実践、ノウハウを提供する
セミナーを5月に開催致します。
セミナー詳細につきましては、近日中に臨時号でお伝えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------
【新企画】
●―画期的新システム!IRシートのご案内―
企業情報の発信基地「IRシート」登場!

新卒&転職志望者、一般消費者、投資家、あらゆる層の企業選びのナビゲーターとなる
画期的なシステムが「IRシート」です!
「お目当ての会社の退職金制度はどうなっているのか?」
「環境関連等の社会貢献事業を行っているかどうか?」等、
企業情報へのニーズは、様々です。
「IRシート」は、ニーズにあった最新の情報を投資家、企業の両者にプラスになる形で
ご提供できるシステムです。

〔IRシートの特徴〕
 ・知りたい情報と伝えたい情報の究極のマッチング
 ・統一性のある見やすいシート構成
 ・情報ニーズの変化へのすばやい対応、充実した最新情報の発信&受信が可能
 ・提携企業による強力なバックアップ体制

〔IRシート問合先〕
株式会社グローバルハート TEL 03-3524-1468 info@globalheart.co.jp

-------------------------------------------------------------------------------
【新作書籍のご案内】
●GH出版部より新作書籍のお知らせ
 『新しい企業年金読本−「投資教育」原論と日本版401k』のご案内

 この度、GH出版部では『新しい企業年金読本−「投資教育」原論と日本版401k−』
を発売いたしました。
 企業年金制度である「日本版401k」や「CB(キャッシュバランス)プラン総合型」と
「投資教育」について丁寧に解説しております。
 企業の退職給付制度改革担当者、又、金融機関の営業職、社労士コンサルタント用に
制作致しましたので一般書店での販売は行いません。
 ご興味のある方はメールにて弊社までお申込ください。

『新しい企業年金読本−「投資教育」原論と日本版401k−』
出   版:株式会社グローバルハートGH出版部
定   価:2,300円(税込)※別途送料がかかります。
お申込方法:住所・氏名・お電話番号・メールアドレス、ご希望冊数を明記の上、
      下記のお申込先までメールまたはTEL、FAXにてご連絡下さい。
      折り返し書籍代金の振込先をご連絡させて頂きます。
お申込先 :株式会社グローバルハート GH出版部
      toushi@globalheart.co.jp TEL:03-3524-1468  FAX:03-3524-1564

============================================================================
◆編集後記
============================================================================
―自分で考える時代―
プロの運用者といわれるファンドマネージャーや企業年金の運用担当者など、「日本
の運用のプロ」といわれる人たちは果たしてその名に値する結果を残せているのでし
ょうか?日本経済新聞の報道によると、今年度の企業年金の運用利回りは1月末まで
でマイナス6.39%、期待運用収益率を3%とすると約10%のマイナス利回り、つまり
不足額が発生していることになります。また、昨年の今頃までは毎月分配型の高配当
外債ファンドがもてはやされていましたが、円高の現在、どうなっているのか考える
と怖くなります。つまり、市場は常に変動していることを私たちは正しく受け止め、
理解し、行動しなければならない時代になってきたということです。日本版401kの
運用を勉強することは「自分で考える時代」の大切な一歩であるといえるでしょう。
(H.M)
============================================================================

トップへ