2005/7/21 掲載
一時金制度から日本版401k(DC)と中退共に移行
(1) 基本データ 【C株式会社】(ジャスダック上場)

設立

1975年

売上(直近)

120億円

資本金

7億円

業務内容

サービス(飲食関連)

従業員

183名(平均年齢41歳)

概要

一時金制度を廃止し、中退共とDCを導入。

承認

近厚発第XXXXXXX号

 
(2)移行形態【ケース3の場合】
 【制度移行のポイント】【ケース3の場合】
  1. 退職給付会計の導入に伴い、会計上の問題から新しい制度への変更が必要となった。
  2. 退職金制度の変更とともに人事制度(賃金)も変更された。
  3. 制度移行時に退職金を清算し、新制度は新たにスタートした。
  4. 新制度は退職給付債務に影響されない確定拠出型に統一した。
 
(3)導入作業のポイント【ケース3の場合】
  • 会計制度の変更が制度改革に弾みをつけた。
  • 企業オーナーの適確な指示が、担当役員が動きやすい環境をつくり、中立的なコンサル(グローバルハート)を導入したことでシミュレーションや説明会での内容を充実させることができた。
 
<< 前回の記事を読む  次号の記事を読む >>