2005/8/18 掲載
一時金制度から60%適年へ移行した企業で日本版401k(DC)と確定給付型を導入
(1) 基本データ【D株式会社】(未上場)

設立

1972年

売上(直近)

21億円

資本金

6,000万円

業務内容

サービス(飲食関連)

従業員

142名

概要

一時金制度から60%適年へ移行した企業で日本版401k(DC)と確定給付型を導入。

承認

関東発第XXXXXXX号

 
(2)移行形態【ケース4の場合】
 【制度移行のポイント】【ケース4の場合】
  1. 適年資産を確定給付型企業年金(規約型)へ移行。
  2. 成果型の退職給付制度を導入、日本版401kの掛金をポイントで拠出。
 
(3)導入作業のポイント【ケース4の場合】
  • 適年幹事(受託機関:生保)との連携が重要ポイント。
  • 厚生労働省指導官とのコミュニケーションも重要。
 
<< 前回の記事を読む  次号の記事を読む >>